【1人で悩まないで…】初回キャンペーン実施中。お気軽にお越しください。

なぜ自分は気を使われるのか?原因や対処法を紹介!

自分だけに気を使われていると気になっている、悩んでいる人はいませんか?

他の人には親しく話しているのに、自分に対しては敬語で話したり、遠慮してかあまり話しかけてこなかったりするので、「なんで自分だけ?」と不思議に思うのではないでしょうか。

また、同期で入った他の人達は仲良くなっているのに、自分に対してだけよそよそしかったり。

自分は気を使われたいと思っていないのに、周囲から気を使われたり、距離感を感じさせるような言動や行動をされると、なんだか寂しい気持ちになりますよね。

今回は、自分が気を使われる原因や、対処法を紹介します。

目次

気を使われる原因

自分は気を使われたいと思っていないのに、気を使わせてしまう原因は何があるのでしょうか?

不機嫌な態度が出てしまっている

不機嫌になったら態度に出てしまう人は、周りから気を使われてしまいます。

不機嫌な人が近くにいると場の雰囲気が悪くなってしまうので、なるべく刺激しないように気をつかうのです。

また、感情をコントロール出来ない人と認識されるので、そのような人とは距離を取りたいと思う人もいるでしょう。

人は誰しも不機嫌になることはありますが、ある程度感情をコントロール出来るのが大人です。

自分の価値観を押し付けてしまう

はっきりと物を言い過ぎて、自分の価値観を押し付けてしまう人は、周りに気を使わせてしまいます。

相手の価値観を尊重できないとも言えます。

例えば、相手が持っている物に対して、

「それのどこが良いかわからないな~絶対こっちの方が良いよ。」

といったように、相手の価値観ではなく自分の価値観を相手に押し付けてしまうのです。

良かれと思って言ってしまう部分もあるかもしれませんが、相手からすれば自分を否定されたように感じてしまいます。

相手の価値観に合わせる必要はありませんが、大切なのは相手を尊重した伝え方です。

「確かにそれも良いよね。自分はこっちのここも良いと思うよ。」

このように、相手の価値観を尊重しつつ、自分の価値観も伝えるようにしましょう。

自分の話ばかりしてしまう

自分の話ばかりしてしまう人は、次第に自分の周りから人が離れていってしまうでしょう。

ただでさえ相手の話を聞かなければならないのに、褒めたり肯定したりしないと不機嫌になってしまうので、面倒くさいのです。

人は誰しも自分の話を聞いてほしいものですが、それは相手も同じです。

自分の話を聞いてもらった分、相手の話も聞いてあげましょう。

会話は話す・聞くのバランスが大事です。

後から不満を言い出す

全員で決めたことなのに、

「あの時は言えなかったけど本当はこう思ってた。」

「あの場所にはいたけど、同意はしていない。」

などと後から言い出し、不満を漏らす人がいます。

そのような人に対しては

「じゃあその時に言ってよ…」

と、身勝手な言動や態度にあきれてしまいます

後から不満を言われないように、相手から気を使われるようになります。

自分が周りに気を使っている

特に相手に気を使われるような覚えが無い人は、逆に自分が周囲に気を使いすぎている場合があります。

自分が周りに過度に気を使っていると、それが相手に伝わり逆に相手から気を使われるようになります。

周りを優先する人は以下のような特徴があります。

  • 自分の気持ちをあまり表現しない
  • 本音ではなく嘘を言ってしまう
  • 常に相手に合わせてしまう

このような特徴がある人は、自分の人となりが周囲に伝わっていません。

「この話、どこまで話して良いのかな…」

「今度の遊び、誘っても良いのかな…」

このように、どのような人物か伝わっていないので、周囲の人は様子を伺うような、気をつかう関わりになってしまいます。

自分が周りに気を使っていることで、自分の人柄が周囲に伝わっていないので、周囲の人からも逆に気を使われることになります。

メンタルの不調に関するご相談

気を使いすぎる人の特徴

ここまで自分が気を使われる原因を解説してきました。

特に身に覚えがない人は、逆に周囲に気を使いすぎているから、周囲からも気を使われている場合が考えられます。

では、周囲に気を使いすぎる人は、どのような特徴があるのでしょうか?

他人から嫌われたくない

気を使いすぎる人は、他人から嫌われたくないという心理があります。

そのため、常に自分がどう思われているのか気にしてしまいます。

そのような人は、厳しい家庭でしつけられてきたり、褒められず否定されて育ってきたり、身近に気を使わなければならない人がいた過去がある場合が多いです。

自分を受け入れてくれるか漠然とした不安が常にあるので、コンプレックスを隠したり、自分をよく見せようとしたり、ちゃんとしないといけないと常に気を張っています。

自分を出して嫌われることが怖いので、相手に気を使い相手に合わせてしまいます

人が悲しむ姿を見たくない

過度に気を使う人は優しい性格をしていることが多いです。

悲しそうにしていたり、落ち込んでいたりしている人を見ると、ついつい気になってしまいます。

普通の人でも声をかけるくらいまではすると思いますが、気を使いすぎる人はそれ以上に献身的にサポートしようとします。

他人を過剰に心配している

自分のことよりも他人を心配してしまうのが気を使う人の特徴です。

あまりにも他人を心配してしまうので、本来なら自分がやらなくても良いことまで引き受けてしまう傾向があります。

誰かを助けることは良いことですが、問題なのは自分を顧みずに助けてしまうことです。

様々な負担を抱えていってしまって、今度は自分がいっぱいいっぱいになってしまいます。

自分の意見を言えない

気を使いすぎる人は他人への配慮が過剰なので、なかなか自分の意見を言えないです。

「これを言ったら相手はどう思うかな…」

「怒るんじゃないかな…」

「傷つくんじゃないかな…」

と色々な心配が出てきます。

相手と意見が違った時は自分が合わせればいいと、自分の意見を言わないで相手の考えを優先する傾向にあります。

頼まれごとを断れない

気を使いすぎる人は他人から嫌われたくない心理があると紹介しました。

そのため、頼まれごとを頼まれたときに、断った後のことを考えてしまい、なかなか断ることが出来ません。

断ったら今の関係が悪くなってしまうのではないかと考えてしまうため、自分が忙しかったり体調が悪かったりしても、引き受けてしまいます。

関係が悪くなってしまうのなら、自分を犠牲にしてやってしまおうという心理があります。

人のミスを許してしまう

気を使いすぎる人は、自分のせいで他人が落ち込んでしまうことに罪悪感を感じてしまいます。

そのため、ミスを指摘したり、指導することに抵抗を感じます。

ミスを許してしまったり、自分が代わりに失敗を取り返してしまいがちです。

お世辞を言いがち

気を使いすぎる人は、自分に自信が無く、相手にどう思われるか常に気にするので、相手に耳障りが良い事を言ってしまいます。

本心では思っていないことでも、相手に合わせて発言してしまいます。

当たり障りのないお世辞を言い、その場を切り抜けようとしてしまいます。

ストレスを溜めやすい

気を使いすぎる人は、様々な理由で心配事を抱えています。

常に相手に合わせているため、人間関係で常に気を張っていたり、立場的に下手になっているので、気持ちが休まる時がありません

そのため、ストレスを溜め込んでしまいます。

メンタルの不調に関するご相談

気を使いすぎる性格の改善方法

ここまで、気を使いすぎる人の特徴を解説してきました。

相手を気にしてしまうことが大きな特徴でしたね。

では、気を使いすぎる性格を改善するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

思い込みを捨てる

気を使いすぎる人は、過去の経験から、「ちゃんとしないといけない」「嫌われてはいけない」という固定観念があります。

そのために、無意識に自分より相手を優先し、気を使う傾向があるのです。

まずは、その固定観念を捨て去る必要があります。

気を使いすぎて自分が疲弊するような関係性は、自然な関係性とはいえません。

自分が我慢していないか考える

気を使いすぎてしまう人は、自分さえ我慢すればOKという自己犠牲精神が強い傾向があります。

気を使って相手を優先し続ける関係が続いても、その関係性は楽しいものとは言えないのではないでしょうか。

一度、自分は我慢していないか見つめ直す時間を取るといいでしょう。

気を使って自分が我慢するのではなく、自然体で過ごせるような関係が望ましいですよね。

自分を優先する

気を使いすぎる人は相手に合わせがちですが、相手に合わせることと相手を尊重することは違います。

無理に相手に合わせる必要はないのです。

違う価値観の人に毎回合わせていたら、苦しいだけです。

意見が合わないことを恐れず、自分の価値観で行動してみましょう。

人に頼み事をする習慣をつける

気を使いすぎる人は、誰かに頼み事をする経験が少ないのではないでしょうか。

一方的に頼まれる関係性は、対等な関係性とは言えません

時には自分から頼み事をしてみましょう。

相手が受け入れてくれると、意外と気を使わなくても大丈夫なんだと気づけるはずです。

断る勇気を持つ

相手に気を使いすぎる人には、嫌われたくないという心理があります。

相手のお願いを断ってしまうと、相手に嫌われてしまうのではないかと不安に思います。

それゆえに相手の意見を受け入れるばかりになりがちですが、それでは自分が苦しくなるだけです。

時には自分を優先して、相手のお願いを断ってみましょう。

断っても続く関係性なら、今後も気軽に関係を続けていけます。

メンタルの不調に関するご相談

気を使われる自分から卒業しよう!

人から気を使われる原因の一つに、自分の人柄が周囲に伝わっていないということがありましたね。

自分の人柄が伝わっていないから気を使われて様子見されてしまうのです。

周囲の人たちはあなたが嫌いであったり、興味がないわけではなく、あなたをよく分かってないから近づかないだけなのです。

それを解決するには、自分がもっとオープンになる必要があります。

いきなりオープンになろうと思っても難しいと考えるかもしれませんが、少しでも良いので自分の心を開いてみてください。

そして、相手に興味を持ちましょう

自信のない自分を隠そうとするのではなく、相手の良いところに意識を向けるのです。

自分の話をしたり、相手を褒めたりするだけで、だんだんと周囲のあなたに対する意識が変わり、距離感が近くなっていきます。

一人で解決が難しいときはカウンセラーに相談がおすすめ

これまで解決方法を紹介してきましたが、「自分ひとりでは難しい!」と感じる方はカウンセラーに相談がおすすめです。

カウンセラーはクライアントへのカウンセリングを通して、問題の根本を見つけ出し、解決方法を一緒に見つけていきます。

あなたの気を使われてしまう根本の原因を一緒に探し、解決方法もアドバイスしていきます。

カウンセリングルーム「ベストコーチ」の紹介

ベストコーチは、岐阜各務原と名古屋千種に相談室があるカウンセリングルームです。

メンタル面に関する様々なお悩みや、人間関係に関するお悩み、子育てのお悩みなど、幅広いお悩みをお聞きし、一緒に解決方法を考えます。

他人から気を使われる、他人に気を使いすぎてしまう自分を変えたいという方や、メンタル的にもしんどいなという方は、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら。

メンタルの不調に関するご相談
お悩み相談室 ベストコーチ
カウンセリングルーム・お悩み相談室
ベストコーチは岐阜・名古屋のカウンセリングルーム・お悩み相談室です。
あなたの心に寄り添って、あなたのペースに合わせてお話を聞かせていただきます。
誰かに話すことで、悩みや不安は格段に少なくなります。
男性カウンセラー・女性カウンセラーのどちらも常駐しております。
メンタルの不調や、恋愛・夫婦関係、職場の人間関係、子ども・子育てなど、全てのお悩みに対応可能!
1人で抱え込みすぎず、なんでもご相談ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次