【1人で悩まないで…】人生が上手くいくよう、あなたの悩みを解決へ導きます。気軽にご相談ください。

パワハラの悩み相談|カウンセリング【岐阜・各務原】

【岐阜】カウンセリングルーム
各務原のこころの相談室
お悩み解決ブログ

職場でパワハラを受けている、またはこれってひょっとしたらパワハラを受けているかも、と悩んでいることはないですか?

職場でのパワハラは周りに相談しにくい内容でもあるので、どこに、誰に相談していいのか分からないといった場合が多く、一人で悩みを抱え込んでしまいがちです。

そのため中々解決に至らず、その間、つらい日々を過ごすといったことになってしまいます。

ただ、過度に気にしすぎて被害妄想でパワハラだと受け取ってしまい、そのことで悩み余計なストレスを抱えてしまう場合もあります。

ではパワハラとはいったいどういう行為なのか、またパワハラにあった時の対処法を解説していきます。

目次

パワハラとは

怒鳴る上司

パワハラとはどのようなことを指すのでしょうか。

厚生労働省の定義によると

「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為等をいう。上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して様々な優位性を背景に行われるもの等も含まれる」

という定義をしています。

地位や人間関係の優位性の他、様々な優位性とあります。

上司や先輩といった立場が上の者が下の者に行う行為ばかりとは限らず、同僚からのパワハラや部下から上司に対しても優位性を理由にパワハラが行われるのです。

身体的、肉体的苦痛というのは、大声で怒鳴る、人前で叱責して恥をかかせる、殴る蹴るなど暴力を振るうなどが挙げられます。

また、過度な仕事量を押し付けたり、無視をするなどといったこともあるでしょう。

パワハラの具体例

パワハラで悩む男性

では、具体的にどこからがパワハラ行為になるのでしょうか?

単純に指導や教育の一環ということかもしれない。

上司の機嫌が悪く、たまたま言い方がきつかっただけかもしれない。

自分が過剰に捉えているだけかもしれないのでは?

と思うと、相談すべきかどうかも迷ってしまいますよね。

主に職場環境で行われるパワハラを例に挙げてみます。

1.身体への攻撃

殴る蹴るなど身体へ直接的な暴力を受けている場合はパワハラにあたります。

指導、教育の一環の中で、注意や叱責を受けることもあるかもしれませんが、身体への暴力はパワハラです。

2.精神への攻撃

相手の人格を否定するような暴言、例えば「ばか」、「あほ」、「いない方がマシ」といった言葉を投げたり、過去のミスを何度も責め立てたり、怒鳴り続けるなど、執拗に追い込む行為はパワハラにあたります。

3.人間関係を壊す

話しかけても無視をしたり、会議に参加させない。業務に必要なコミュニケーションをとらない。一人だけ別の場所で作業させる、などわざと孤立させ、人間関係をつぶすような行為もパワハラにあたります。

4.無理な要求をする

とても〆切に間に合わないような無理なオーダーを出したり、長期的に残業が続くような状況に追い込むなどが挙げられます。

5.関係のない仕事をさせる

業務とは関係のない単純作業を延々とさせたり、あえて仕事を与えなかったり、生産性のない仕事ばかりをさせるといった行為が挙げられます。

6.プライベートに踏み込む

趣味や休日の過ごし方について口出しをしてきたり、緊急でもないのに休日や夜間に頻繁に連絡をして休みの時間を奪ったり、プライベートの侵害をする行為はパワハラにあたります。

パワハラが起こる原因とは?

パワハラ上司

パワハラが起こる原因として、パワハラをしている側に自覚がないことがあります。

自分より仕事上での経験やスキルが劣っている部下や後輩に対して、「何でこんな事も出来ないんだろう?」、「もっと効率よくできるだろう」と出来いないことにイライラを募らせたり、怒りをぶつけたりすることがあります。

指導しているつもりでも、部下や後輩に否定的な気持ちが加わると、気付かないままパワハラに発展してしまうことがあります。

また、上司と部下とのコミュニケーションが不足していることで、関係性が上手く構築されず、心情を汲み取れなかったり、相手に不信感をいだいてしまうことがあります。

部下もちょっとしたことでも過剰に反応して、パワハラを受けていると感じてしまう場合もあります。

パワハラにあった時の対処法

パワハラについて相談する

では、パワハラにあった時はどのように対処したら良いでしょうか?

その対処法をいくつかご紹介します。

同僚や上司に相談する

まずは同僚や、別の上司に相談してみましょう。相談することで協力してくれる人が出来れば、理解してくれたという気持ち的にとても安心感を得られます。

また、別の上司に相談することで、パワハラをしていることを注意してもらえたり、それに気付かせてくれるなど、改善策がとられやすくなるでしょう。

「やめてください」をしっかり伝える

直接言えるのであれば、「やめてください」という意思表示をしっかり伝えることが大切です。我慢していると相手も気付かないまま、エスカレートしていくこともあります。

「自分が我慢すれば」と思うのではなく、パワハラの問題解決が職場の環境を良くするためにつながると思って意志をしっかり伝えましょう。

人事部などに相談する

相手が上司や目上の人で、直接は言いにくい場合は人事部に相談してみましょう。

人事部からパワハラをしている人へ注意をしてくれる場合があります。

転職する

色々な対策をとってもパワハラがなくならない、職場に対しての信用がないという場合には転職もひとつの対策と言えます。

パワハラの問題で余計なストレスを感じ、精神的にも肉体的にも追いつめられてしまうくらいなら、新しい環境で新しい人間関係を構築していくことを検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

パワハラを解決するために前向きに頑張る

パワハラはしている本人にも自覚がないことが多く、また受けている側も自分が悪いのだと自分に言い聞かせ、我慢をしてしまうケースが多くあります。

我慢をしてしまう人ほど周りにも相談できず、問題が改善されずパワハラが長引けば、エスカレートしてしまいます。

パワハラを受けているかも、パワハラを受けて悩んでいるという方は、まずは誰かに相談するという勇気を持ってください。

相談するだけでも、気持ちが軽くなり、味方が出来たような感覚で前向きになれるはずです。

パワハラの問題が悪化する前の人や、または既に深刻になってしまっているといった人も一度プロのカウンセラーに頼ることをおススメします。

それが早期解決への第一歩。

シャンティお悩み相談室では、パワハラの悩み、職場の悩みなど様々な問題に対して専門カウンセラーが懇切丁寧にアドバイスをします。

多くの問題や悩みを解決へ導いてきた実績豊富なカウンセリングでパワハラの問題も根本から解決できるようアドバイスをします。

カウンセリングを通じて、相談者が心の健康を回復し、より良い生活を送るための支援が提供されます。

問題を本当に解決したければ、本当の問題は何かを良く知り、改善するまで続けることが大事です。

岐阜・各務原周辺からも多くの方がカウンセリングを受けに足を運ばれています。まずはカウンセリングをお問い合わせ下さい!

各務原相談室のアクセス情報は以下をご覧ください。

各務原市 中心部からのアクセス情報

各務原中心部からは
お車でも、公共交通機関でもアクセス便利な
岐阜 各務原相談室がオススメです。

岐阜各務原相談室

岐阜・各務原カウンセリングルーム
相談室内観

岐阜県各務原市蘇原柿沢町3-5-1
アトリエシャンティビル 2階

0120-86-7871

岐阜各務原相談室の場所

お車でお越しの方へ

東海北陸自動車道 岐阜各務原ICから車で約15分
※お車6台を隣接して停められる駐車場があります。
最大15台停められます。

建物の裏手にあります。

美濃市から車で約20分
岐阜市から車で約20分
大垣市から車で約50分
多治見市から車で約50分

☆各務原イオンから車で8分

電車・バスでお越しの方へ

☆JR高山線 蘇原駅から徒歩約13分
☆名鉄各務原線 六軒駅から徒歩10分
 名鉄名古屋駅から名鉄岐阜駅で乗り換え
名鉄各務原線で 六軒駅下車

☆名鉄岐阜駅から約20分

Google Map

パワハラの悩み相談|カウンセリング【岐阜・各務原】

岐阜県各地から皆様お越しになっています

岐阜県
岐阜市、各務原市、大垣市、多治見市、関市、美濃市、羽島市など

岐阜・各務原|パワハラ・悩み相談・カウンセリング|改善法・解決策|こころのカウンセリングメンタルケア|婚活・不登校・引きこもり・うつ・発達障害

シャンティこころの相談室
カウンセリングルーム・お悩み相談室
シャンティこころの相談室は岐阜・名古屋のカウンセリングルーム・お悩み相談室です。
あなたの心に寄り添って、あなたのペースに合わせてお話を聞かせていただきます。
誰かに話すことで、悩みや不安は格段に少なくなります。
男性カウンセラー・女性カウンセラーのどちらも常駐しております。
メンタルの不調や、恋愛・家族関係、職場の人間関係、子ども・子育てなど、全てのお悩みに対応可能!
1人で抱え込みすぎず、なんでもご相談ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次