【1人で悩まないで…】初回キャンペーン実施中。お気軽にお越しください。

メンタルを強くする方法とは?メンタルが弱っている時の対処法も解説

あなたはメンタルが強い方ですか?

ここにきたということは、メンタルが弱いと感じていたり、メンタルを強くしたいと思い、悩んでいる方が多いと思います。

日常生活でメンタルが落ち込んでしまうと、仕事や人間関係、さまざまなところに影響が及んでしまうので、辛いですし、早く立ち直りたいですよね。

でも安心してください、メンタルは考え方や日々の習慣を変えることによって強くすることができます。

本記事ではメンタルを強くする方法、メンタルが弱い人の特徴、弱っているときの対処法などを解説していきます。

強くする方法を知り、ぜひ実践して強いメンタルを作っていきましょう!

メンタルの不調に関するご相談
目次

メンタルが弱い人の6つの特徴

まず、メンタルが弱い人の特徴について紹介していきます。

自分がメンタルが強い方なのかそれとも弱い方なのか確かめるために、これから紹介する特徴をみて自分に当てはまる特徴がないか、確認していきましょう。

落ち込みやすい

落ち込みやすい人は、何か嫌なことがあるとそのことばかり考えて、同じことで悩んだりしてしまいます。

一度落ち込んでしまうと、そこから立ち直るのにものすごく時間がかかってしまうこともあります。

同じことで悩んでも悩みは解決しないし、余計に落ち込むだけなので、違うことを考えるようにしましょう。

自己肯定感を持って自分を責めることをやめ、自分はいいところがたくさんあると思い、肯定してあげることで、落ち込んで悩む時間は大幅になくなります。

ネガティブ思考

メンタルが弱い人はネガティブ思考で、どんなことでも悪い方向に考えてしまい、メンタル的に辛くなってしまうところが特徴です。

ポジティブ思考な人は何かやるにあたって「失敗してもいいからやってみよう」とできないと決めつけません。

ネガティブ思考の人だと「どうせ自分にはできない」「あなたには無理だ」など否定や批判的な気持ちが湧いてきます。

周りの人にもネガティブやマイナスの発言をしてしまい、周りを引き下げてしまう場合もあります。

人と比較する

常に他人と比較してしまい、「自分は劣っている」「周りに比べて自分はなんてダメなんだ」と人と比べるたびに落ち込んでしまうという人は多いです。

さらに相手に嫉妬して何か嫌がらせをしたり、引き下げることをやったり、良くない考えが浮かぶことがあります。

自分より優れている人と比較しても、世の中には自分より上の人は山のようにたくさんいます。

それを比較し続けていてもきりがないので、ずっと落ち込み続けることになります。

なので、他人ではなく過去の自分と比べるようにしましょう。

そうすることで成長しているところを実感でき、やる気やモチベーションが上がってくるはずです。

自信がない

メンタルが弱い人は自信がなく、チャレンジを避ける傾向にあります。

新しいことをやろうとしても「挑戦してもどうせまた失敗する」と思い、自信がなくてチャレンジすることを恐れてしまいます。

また、過去に失敗したことで自信を失っているケースがあります。

例えば、受験に落ちたことや就職に失敗した、婚活が上手くいかなかったことなど、失敗を重ねれば重ねるほど、自信を失っていきます。

逆に成功体験を積み重ねることで自信をつけることができます。

まずは小さな目標を立ててそれを達成することを繰り返して少しずつ自信をつけていきましょう。

完璧主義者

何事も完璧にこなさなければいけない、絶対に失敗できないなど完璧にすることにこだわりすぎてストレスが溜まってしまいます。

神経質で細かいところまで気になってしまい、気疲れしてメンタルに影響を及ぼしてしまいます。

人は誰でも失敗を経験します。全てが完璧な人はいません。完璧に囚われ過ぎると心に余裕がなくなり、メンタルが病んでしまいます。

完璧主義をやめて、自分である程度の合格ラインを決めましょう。

そうすることで心に余裕ができ、メンタルも回復していきます。

自己主張が苦手

メンタルが弱い人は自己主張が苦手で、人に自分の考えを伝えることで相手にどう思われるか不安になってしまいます。

意見を言って自分が否定されたり拒絶されることを恐れて、言いたいことが言えません。

上司にいろいろ言われても言い返せない、部下から文句や愚痴を言われるけどうまく処理できない。そんなことばかり抱えていると、自身に大きなストレスを抱え、メンタルが不安定に陥ります。人によっては、うつ病や睡眠障害に陥る人も出てきます。

健全な日常生活を送るためには、上手に自己主張を出来るようになる必要があります。

メンタルの不調に関するご相談

メンタルを強くする5つの方法

これまで、メンタルが弱い人の特徴をみてきました。当てはまる項目はありましたか?

3つ以上当てはまるようなら、メンタルが弱りやすい人と言えます。メンタルが安定しないと、心身や日常のパフォーマンス、あらゆることに影響が出ますので、メンタルが弱い人は鍛えていくことを推奨します。

では、どうしたらメンタルを強くすることが出来るのでしょうか。具体的な方法をいくつかご紹介します。

ポジティブシンキング

ポジティブに物事を捉えるポジティブシンキングがメンタルを強くするのに効果的です。

メンタルが弱い人というのは、叱られたり、辛いことがあったりすると、頭の中で「あれがダメだった」「あのときああすれば良かった」などのネガティブな考えがグルグルと頭を巡り、自己反省会を繰り広げます。

ポジティブシンキングが出来る人であれば、何か失敗したとしても「失敗してしまったけど、次はこうしていこう!」「落ち込んでてもしょうがないから、次に活かして頑張ろう」と前向きで、自己改善をしようとします。

ネガティブに考えストップするのでなく、ポジティブに考え前に進みましょう!

不安な気持ちを書き出す

メンタルが弱い人は、何か失敗があると、不安な気持ちでいっぱいになり、頭がごちゃごちゃになります。こういった不安な気持ち・ネガティブな感情があれば、紙にすべてを書きましょう。

小さなことから大きなことまで、時間をとって書いていきましょう。書いていくことで頭が整理され、冷静になることが出来ます。書きだしたメモを見ながら「自分は今こういう状態なんだな」と自分を客観的にみることができます。

メンタルが弱い人は、考えや気持ちが整理されないと、ネガティブなことを頭の中でグルグルと何度も何度も繰り返してしまいます。書き出しをすることでそれをストップすることができます。

定期的に運動する

心と身体は繋がっています。身体を適度に動かして健康的であることが大切です。

定期的に運動して身体を動かしている人は、メンタルやものの考えがしっかりしている人が多いです。

古代ローマの詩人が言った有名な言葉があります。『健全な肉体に健全な精神が宿る』。

メンタルが弱い人、メンタルが不安定な人の特徴として、生活環境や食生活が不健康である傾かゆう/向があります。健康的で自己管理できた生活を送れている人は、メンタルや考え方が健全であることが多いです。

メンタルと身体には切り離せない関係があります。徹夜や暴飲暴食など、自分の身体を粗末にしないようにしましょう。

自己肯定感を高める

あなたは自分のことが好きですか?自信がありますか?

メンタルの安定度と自己肯定感の高さはリンクしています。自分に自信がある人は自分の中に軸があって、多少のことではメンタルがアップダウンしません。

反対に、自己肯定感が低い人は何か失敗するたびに「自分なんか何も出来ない」「自分が頑張ったところで何になるの」などネガティブな気持ちで一杯になります。

自己肯定感の低い人は、おどおどして周りの目を気にする傾向にあります。

自分自身の成功体験を積み重ねて自信を手に入れることで、メンタルの安定度を手に入れることができます。

メンターがついている

メンターとは指導者・相談役といった言葉の意味があります。アドバイスやサポートをしたり、目標となる人のことです。例えば、ビジネスで言えば、自分自身が仕事やキャリアアップのお手本になり、新人や若手にアドバイスしてサポートする人のことです。

成功者の陰には必ずメンターがいると言われてます。スティーブジョブズやエリックシュミットといったIT業界の成功者や、大阪なおみや錦織圭といったスポーツ会の成功者には、メンターがついて彼・彼女の成功をサポートしています。メンターがいることで、以下のような効果があると言われてます。

①自分の夢・願望を具体化することができる。

②アドバイス・サポートを受けることで速く・確実に成功できる

③モチベーションを高い状態で維持できる

④様々な価値観や視点を学ぶことができる

メンターがつくことはメンタルが弱い人にとって心の支えとなり、将来どうしていったらよいかの指針となりメンタルを強化します。

メンタルの不調に関するご相談

メンタルが弱っているときの対処方法

これまで、メンタルを強化する方法をお伝えしましたが、どうしてもメンタルが弱って何もする気が起きないというときは、まずは自分の好きなことをして気分転換して下さい。

「美味しいものを食べる」

「散歩して外気に触れる」

「しっかり睡眠をとる」

「風呂に入る」

メンタルが弱っていると、ネガティブな考えが堂々巡りしてしまいますが、自分のメンタルが回復する好きなことをしてみて下さい。人によって気分転換の方法は様々なので、自分にあった解決方法を探しましょう。

まとめ

メンタルを強くする方法や、メンタルが弱ったときの対処についてお伝えしました。いかがだったでしょうか?まずは実践してみて下さい。

もし、実践してもなかなかうまくいかないという方は、カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

メンタルの不調以外にも、職場の人間関係がうまくいかない、パートナーとの関係をや家族など身近な人との

関係を改善したい、そんな悩みがあれば気軽にご相談下さい。

日本では、人に迷惑をかけてはいけない、人に迷惑をかけてはいけないという気持ちが強い人が多く、

メンタル面で問題があっても「大丈夫、動くのに支障はないから」という人は結構います。

でも、メンタルの不調が悪化すると、うつなどの精神病にかかったりします。

目に見える外傷がひどければ、みんな病院にいってすぐ手当をしますよね

心の問題も同じです。傷ついていれば手当をする必要があるんです

だから、問題がどんどん大きくなる前に、気軽に足を運んでみて下さい。

ベストコーチ東海について

お悩み相談室 ベストコーチは、岐阜の各務原と名古屋のカウンセリングルームです。

カウンセリングを初めて受ける方におススメの相談室です。

ベストコーチは、精神薬など薬を使用せず、カウンセリングによって悩みの解決をサポートします。

自分というものは、なかなか客観的にみることが出来ません。他の人から見ればすぐ分かるような問題も、

自分のことだと、何がいけないのか分からなかったりするものです。

また、相談する相手を選ぶことも大切です。自分の家族・友人に相談すると相手にすると、

その人との関係性から何かしらの先入観が入って、客観的なアドバイスが出来なかったりします。

客観的な意見・アドバイスが欲しいあなたは、プロカウンセラーに見てもらうことをお勧め致します

メンタル面に関する様々なお悩みや、人間関係に関するお悩み、子育てのお悩みなど、幅広いお悩みをお聞きし、

一緒に解決方法を考えます。

悩みを抱えて、心が折れそうになる前に、お気軽にご相談ください。

メンタルの不調に関するご相談
お悩み相談室 ベストコーチ
カウンセリングルーム・お悩み相談室
ベストコーチは岐阜・名古屋のカウンセリングルーム・お悩み相談室です。
あなたの心に寄り添って、あなたのペースに合わせてお話を聞かせていただきます。
誰かに話すことで、悩みや不安は格段に少なくなります。
男性カウンセラー・女性カウンセラーのどちらも常駐しております。
メンタルの不調や、恋愛・夫婦関係、職場の人間関係、子ども・子育てなど、全てのお悩みに対応可能!
1人で抱え込みすぎず、なんでもご相談ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次