【1人で悩まないで…】人生が上手くいくよう、あなたの悩みを解決へ導きます。気軽にご相談ください。

【羽島】こころの悩み相談|カウンセリング

【羽島市】カウンセリングルーム
こころの相談室お悩み解決ブログ

仕事やプライベートなどで悩み事があり、誰かに相談することができずに困っているということはありませんか?

そんな時は“カウンセリング”を受けてみるのも一つの選択肢です。

どのような人にカウンセリングが必要が必要なのか?

また、カウンセリングを受けることのメリットを紹介していきます。

目次

カウンセリングとは

カウンセリングとはどういうものなのか?

「文部科学省では、下記のように定義されています。

カウンセリングは、人間の心理や発達の理論に基づく対人援助活動であり、個人の成長を促進し対人関係の改善や社会的適応性を向上させることから、様々な領域の対人援助サービスの専門家がそれぞれの場面で活用している。学校教育においても、カウンセリング心理学に基づくアプローチが児童生徒の人格形成や様々な問題解決に有効であることから、教員を中心としたスクールカウンセリング活動が実施されている。

身近なものでは、美容についての相談や法律についての相談などの幅広い分野でおこなわれるカウンセリングや、心理療法や精神療法など治療を目的におこなう心理カウンセリングがあり、さまざまな場所でカウンセリングが行われています。

カウンセリングの目的

カウンセリングでは悩みを抱えているクライエントが自分自身のことや抱えている問題、自分の心の状態を話していくことで、何が問題なのかを整理して、どうしていきたいか方向性を明確にする目的があります。

カウンセリングによって心をスッキリさせ前向きに取り組めるようになったり、固執していた考えが変わり新たな道が開けたり、クライエントの考え方が変わることによって問題の解決するといったことがカウンセリングの目的となります。

ほとんどの場合、カウンセラーがクライエントの話していることに対して、確認のための質問をしたり、基本的に考え方を否定せず、クライアントの話を傾聴したり、共感して、相談者の悩みを受け止めていきます。

相談者はカウンセリングを通して心が軽くなったり、気持ちが前向きになり現状よりよくなろうとする気持ちがわいていきます。

セラピーとの違い

セラピーはより早く、問題を改善するためにセラピストがクライエントに対して治療法や解決策などを提示することで、問題を解決していきます。

セラピーは受動的であるといわれ、カウンセリングはカウンセラーが問題の答えを示すのではなく、相談者が自分自身で解決策を見つけ出すようにサポートしていきます。そのため能動的といえます。

このようにカウンセリングとセラピーは似ているようで、全く異なるものなのです。どんな悩みなのか、どういう相談を受けたいのか、この2つの違いを正しく理解したうえでどちらを利用するか決めることをおすすめします。

カウンセリングが必要な人 

カウンセリングは、本人が自発的に悩みを解決したいと思いながら取り組むことが必要とされます。

たとえカウンセラーが解決に向けて必要だと言うことを判断したとしても、クライアント本人に変えたいという気持ちがなければ、カウンセリングを行うことはありません。

また、カウンセリングは根気強く継続的に受けていく場合もあるため、本人のモチベーションを保つためにも、問題意識やそれを変えていきたいという気持ちの強さが、ある程度必要になってきます。

カウンセリングは治療として行われるものばかりではない

カウンセリングは必ずしも治療を目的として行われるものだけではありません。

日常で抱える、誰にも話せないような心の悩みを打ち明けられる場所としても効果的です

1回だけのカウンセリングで終わるケースもあれば、必要に応じて複数回のカウンセリングを行うこともあります。

そのため、時間をかけて対話を重ねていく可能性もあり、カウンセリングを受け続ける忍耐力や意志の強さ、経済面など相談者自身に負担がかかることもあるのでしょう。

継続的にカウンセリングを行っていくには、相談者の意思決定を尊重していくことも大切となります。

もし相談者がカウンセリングを終わりにしたいと訴えれば、その時点で終了させることも可能です。

カウンセリングの効果

それでは、カウンセリングを受けることによって期待できる効果について見ていきましょう。

気持ちが軽くなる

声に出して悩みを第三者に打ち明けることで、1人で抱えていた重い気持ちが人と分け合うことで心が軽くなります。モヤモヤした思いもとりはらわれてスッキリとした感情になります。

カウンセラーに自分の状況や悩みを共感してもらえることで、前に進もうという気持ちになってきます。

自分の状態を知ることができる

自分がどういう状況で何を悩んでいるのか、自分ではよく分からないといった場合があります。カウンセリングを受けることで、自分の状況に向き合うことができ、状況をしっかりと整理することができます。

人間関係の問題が良くなる

問題が自分自身だけではなく、周囲の人間にも関係している場合があるため、カウンセラーはクライアントとクライアントの周りにいる人についても話を聞いていくことで状況を理解していきます。周囲の人間関係も客観的に整理できるので、その後の人間関係についても対応していくことができます。

新しい自分に出会える

カウンセラーは話を聞くだけではなく、様々な角度から分析し、客観的に意見していきます。そのためクライアントは主観的な考えだけではなく、物事を違う方向から見ることができ、新しい見方が出来るようになります。この気づきから、問題解決の糸口が見つかる可能性もあるため、新しい考え方や捉え方に気付くことはとても大切なことです。

悩んだら気軽に相談してみよう

シャンティこころの相談室TOPページバナー

シャンティこころのお悩み相談室ではカウンセリングによって、様々なお悩みの相談に対応しています。

日常での些細な悩みは、時として人生そのものを左右すると言っても過言ではありません。

相談することで早期解決へとつなげていきましょう。

シャンティこころのお悩み相談室をオススメする理由

1.専門家のアドバイスとサポート

 プロのカウンセラーが相談者の悩みに真摯に向き合い、適切な支援やアドバイスを提供しています。

2.地域に密着したサービス

名古屋や各務原に拠点を置いているため、地域のニーズや文化に合わせたサービスが提供されています。

3.プライバシーの保護

 カウンセリングは機密保持され、相談者のプライバシーが尊重されます。

4.多様なテーマに対応

 恋愛や家族関係、ストレス管理、メンタルヘルスなど、幅広いテーマに対応しています。

5.効果的な支援の提供

カウンセリングを通じて、相談者が心の健康を回復し、より良い生活を送るための支援が提供されます。

カウンセリングを受けることで、パワハラの根本的な問題や不足している部分に気づけます。

問題を本当に解決したければ、本当の問題は何かを良く知り、改善するまで続けることが大事です。

羽島市周辺からも多くの方がカウンセリングを受けに足を運ばれています。

まずはカウンセリングをお問い合わせ下さい!

各務原相談室へのアクセス情報は以下をご覧ください。

各務原市 中心部からのアクセス情報

各務原中心部からは
お車でも、公共交通機関でもアクセス便利な
岐阜 各務原相談室がオススメです。

岐阜各務原相談室

岐阜・各務原カウンセリングルーム
相談室内観

岐阜県各務原市蘇原柿沢町3-5-1
アトリエシャンティビル 2階

0120-86-7871

岐阜各務原相談室の場所

お車でお越しの方へ

東海北陸自動車道 岐阜各務原ICから車で約15分
※お車6台を隣接して停められる駐車場があります。
最大15台停められます。

建物の裏手にあります。

美濃市から車で約20分
岐阜市から車で約20分
大垣市から車で約50分
多治見市から車で約50分

☆各務原イオンから車で8分

電車・バスでお越しの方へ

☆JR高山線 蘇原駅から徒歩約13分
☆名鉄各務原線 六軒駅から徒歩10分
 名鉄名古屋駅から名鉄岐阜駅で乗り換え
名鉄各務原線で 六軒駅下車

☆名鉄岐阜駅から約20分

Google Map

岐阜県 岐阜地区から皆様お越しになっています
岐阜市、各務原市、羽島市、瑞穂市、本巣市、山県市、笠松市、岐南町、北方町

シャンティこころの相談室
カウンセリングルーム・お悩み相談室
シャンティこころの相談室は岐阜・名古屋のカウンセリングルーム・お悩み相談室です。
あなたの心に寄り添って、あなたのペースに合わせてお話を聞かせていただきます。
誰かに話すことで、悩みや不安は格段に少なくなります。
男性カウンセラー・女性カウンセラーのどちらも常駐しております。
メンタルの不調や、恋愛・家族関係、職場の人間関係、子ども・子育てなど、全てのお悩みに対応可能!
1人で抱え込みすぎず、なんでもご相談ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次