【1人で悩まないで…】初回キャンペーン実施中。お気軽にお越しください。

夫婦関係の修復のための6つのポイント

夫婦カウンセリング

「夫婦関係を修復したい」

「結婚当初の幸せを取り戻したい」

当初は幸せだった夫婦生活。時間とともに崩れてしまった。

人には相談しづらいこの問題、どうすれば解決することが出来るのか。

夫婦関係の修復についての悩みをお持ちではないですか?

壊れてしまった夫婦関係を修復するためには、やるべきことと、やってはいけないことがあります。

夫婦関係を修復する方法を学んで学びましょう。

\ 夫婦関係を本気で改善したい方へ /

目次

夫婦関係を壊す3つのやってはいけないこと

離婚届

夫婦関係を大きく壊してしまう行動が幾つかあります。

以下のようなことを普段やっていないでしょうか?

行動を振り返ってみて下さい。

①一方的に相手を責める

一方的に相手を責める行為は夫婦仲を壊します。人は基本的に自分の意見を聞いて欲しいし尊重して欲しい生き物です。

自分の意見が正しいと言って、相手の意見を全く聞かないと、相手はどんどん不満が溜まってくるでしょう。

また、DV(家庭内暴力)やモラハラ(モラルハラスメント)をする間柄についても一方的に相手を責める関わりです。

こういった行為をする人は相手に対する尊敬の念がなく、相手より優位な位置に立ちたいと思っています。

言うことを聞かせたいとか、イライラをぶつけたいとか、自己中心的な考えで人と関わっています。

そのような状態では夫婦関係を修復することは難しいでしょう。

②コミュニケーションを取らない

ほとんどコミュニケーションを取らない夫婦がいます。こういった状況も、夫婦関係を修復するのには良くありません。

そうなってしまった原因はいろいろなケースがあります。

もともとコミュニケーションが苦手で初めは気を遣って話していたが段々面倒くさくなり話さなくなってしまったケース。

一方が何か問題を起こして、それから相手のことを不審に思いコミュニケーションを取らなくなったケース。

子供が生まれ、子供の養育に意識が集中して、気が付いたらパートナーとの会話をしなくなってしまったケース。

いろいろケースはありますが、コミュニケーションを取らないことは、相手への興味・関心・愛情が薄れている状態です。

夫婦関係が良くないとしても、なるべく多くコミュニケーション量を増やすべきです。コミュニケーションの量が極端に少ない夫婦ほど修復が難しくなります。

③不倫

不倫をすると夫婦関係は大きく崩れます。愛情が家庭外に移っており、そのような状況では相手に誠実でいれなくなります。

また、不倫をしていてそれを隠すというケースもあります。そのような人は相手に対して非常に攻撃的になります。

自分が不倫をしていることを正当化するために、相手のアラを探して責め始めます。

このような状態では夫婦関係を修復するのが難しくなります。

\ 夫婦関係を本気で改善したい方へ /

夫婦関係修復が見込める4つのポイント

どのような夫婦であれば、夫婦関係を修復することが出来るのでしょうか。

下に書いてあるポイントが幾つか当てはまるのであれば、修復できる可能性は高いです。

①お互い言うべきことは言える関係

言いたいことが言える関係というのは、夫婦円満の秘訣です。

例えば、味噌汁の味付けの好みが夫婦で違っていて合わないなと感じた場合に

言いたいこと言える夫婦なら「この関西風の白味噌、甘くて好かんわー。」と冗談交じりで突っ込みを入れられるでしょう。

逆に、これを言えない夫婦だったらどうなるでしょう?

味噌汁の味付けの好みが違っても、これを言ったら傷つくんじゃないか、怒るんじゃないかと気にし過ぎたら何もいえません。

小さなことが積み重なることで大きな問題へと発展するかもしれません。

お互い不満を腹に抱えないように、お互い言いたいことは言える関係でいましょう。

②お互いが変わる必要があると思っている

夫婦それぞれが、このままではダメだ、変わらなくてはと思い合う二人なら、夫婦関係の修復はしやすいでしょう。

夫婦関係が何か上手くいってなくても、お互いが自分に責任があり、自分も変えていく必要があると思っていることが大切です。

夫婦の問題を、相手が悪いと言っていては建設的な議論ができません。

③相手をリスペクトしている

相手に対してリスペクト(尊敬)があるかは大切です。

例えば夫婦で意見や考え方が違ったとしても、相手をリスペクトしているならば、相手の話をしっかりと聞き、間違いがあるなら改善しようと思うからです。

リスペクトがなければ相手の話を聞き入れようとはしません。あいつとは意見や考えがちがうと言い、相手をバカにしたような態度を取るでしょう。

リスペクトがあれば夫婦関係の修復は見込みがあるでしょう。

④相手に対して愛情があるか

パートナーに対して愛情はありますか?パートナーに対し愛情を示していますか?

長く続く夫婦は愛情表現をちゃんと相手に示しています。

相手のために毎朝早起きしてゴハンを作ったり、記念日は必ずプレゼントを渡したり、毎日ハグをかかさなかったり。

表現方法は人それぞれですが、相手のことを想って良いコミュニケーションをとろうとすることが大切です。

逆を言えば、愛情がない状態からの修復は難しいものがあります。

愛情がないと、相手を否定したり、無関心モードになる人が多くいます。

そのような状態では、どんどん距離が遠のくばかりです。

愛情は伝わらなくてはあまり意味がありません。パートナーに対してうまく愛情を表現できていますか?

口下手な方でも、愛情表現を言葉や行動を起こせているかが大事です。

相手に伝わっているかということを大切にしましょう。

\ 夫婦関係を本気で改善したい方へ /

夫婦関係の修復のための6つのポイント

夫婦カウンセリング

夫婦関係を修復するために効果的な方法があります。

いくつか紹介するので、実践しやすいものから取組んでみて下さい。

①相手を褒める

パートナーを褒めることは夫婦関係の修復にとても効果的です。

関係が悪くなると、ついつい相手のことを否定したり責めたりします。

「どうしてあれをやってくれなかったの?」

「ああいう風にやってって言ったじゃない」

次から次へと、相手を否定するような言葉が出るようなら改善しましょう。

「あなたの、こういうところが良いね」

「ああしてくれるから助かってるわ。いつもありがとう」

相手の良いところを沢山見つけて褒めましょう。

自己肯定感の低い人、自信のない人ほど相手を褒めることが苦手だし、自分自身を褒めるのも苦手です。

もっと、人の良いところを見つけて褒められるように、普段からアンテナを張っていきましょう。

褒められて嬉しくない人はいません。褒めて相手との関係を修復しましょう。

②寄添って相手の話を聴く

パートナーの話を寄り添って聴けていますか?テレビを見ながら、よそ事しながら聞いてはいませんか?

人というのは話を聴いて貰いたい生き物です。相手の話をしっかりと受け止めてあげると、人はその人のことを信頼するようになります。

例えば、相手が話しをしてくれてるのに、何か別の作業しながら話を聴いたら、どんな印象を受けるでしょうか。相手の話を否定ばかりする人がいたらどうでしょうか。

相手の話を真摯に、真剣に寄添って聴く態度が、パートナーの信頼を得ることができます。

③自分のことを話す

「今日ね、こんなことがあったんだよ」

家族団欒の時間、1日の中で印象深かったこと・気になったこと・くだらないことをお互いが話す。

こうした、自分のことを気軽に話し合える関係というのがとても大切です。

ごはんのときも、自分のことを話し合う家族は、会話が弾み笑顔が絶えないでしょう。

逆に、自分のことを何も話さない家族は、葬式のように一言も話さず黙々と食事だけ食べるでしょう。

相手に自分のことを知ってほしいとか、相手に楽しんでもらいたいという意図で自分のことを話すと、

相手との関係性はとても深まります。夫婦関係を修復したいのでしたら、このような意図で相手と接してみて下さい。

④夫婦関係を良くしたいことを伝える

もし、夫婦関係があまり良くなくて、関係を修復したいのであれば、関係を修復したいということを口に出して相手に伝えるとよいでしょう。

夫婦関係が良くない家庭は、そういった想いがあるのに伝えられていない、ということが結構あります。

せっかく関係を良くしたいという想いがあるならば、伝えるべきです。

⑤相手に完璧を求めない

相手に完璧を求めて、ついついきつく当たってしまう人がいます。相手に完璧を求めないことが長く続く秘訣です。

完璧を求めるということは、相手を否定する行為とも言えます。

人によっては否定された、傷つきたくないといって相手との距離を取り始めるかも知れません。

人と接するときは、大らかな気持ちで相手と接するということ大切です。完璧を求めすぎないようにしましょう。

完璧を求めて、相手にきつくあたるということはないようにしましょう

大らかな気持ちで、相手と接して下さい。

⑥感謝の言葉を述べる

「ありがとう」とパートナーに対して、普段から言えていますか?感謝の気持ちを相手に伝えることは、とても大事なことです。

結婚当初はゴハンを作ってくれたり掃除をしてくれたり、小さなことにも感謝の言葉を伝えていたのが、

結婚から月日をかさねるにつれ、感謝の言葉を伝えなくなってしまう方が大変多いです。

夫婦関係というのはお互いが助け合って成り立つものです。

お互いにありがとうの言葉を忘れないようにしましょう。

\ 夫婦関係を本気で改善したい方へ /

まとめ

夫婦関係の修復するためにやってはいけないこと、やるべきことをお伝えしました。理解は深まったでしょうか。

一方的に相手を責めて否定するような関わりをしてはいないでしょうか?

また、相手を褒めたり関係を良くしたいということを伝えているでしょうか?

ここに書いたことを実践していくことで、夫婦関係は大幅に改善します。お悩みの方は是非、実践してみてください。

ただ、中には実践がうまくいかず、なかなか夫婦関係の修復がうまくず悩んでいる方は沢山います。

理論的には分かるのだけど、どうしても言い合いになってしまう。建設的な話ができないという夫婦はとても沢山います。

自分達ではなかなか解決が難しいという方は、プロカウンセラーから夫婦カウンセリングを受けることをお勧めします。

ベストコーチ東海について

話を聞く夫婦

お悩み相談室 ベストコーチは、岐阜の各務原と名古屋のカウンセリングルームです。

夫婦カウンセリングも承っています。パートナー同士ではなかなか解決できずお悩みのようでしたら、一度ご相談ください。

自分というものは、なかなか客観的にみることが出来ません。他の人から見ればすぐ分かるような問題も、自分たちではなかなか解決できなかったりします。

客観的な意見・アドバイスが欲しいあなたは、プロのカウンセラーに見てもらうことをお勧め致します

悩みをずっと抱えているよりは、何か行動を起こし前進しましょう。

ベストコーチは、夫婦カウンセリング以外にもメンタルの悩み、職場での人間関係の悩み、家族関係、恋愛相談と幅広く対応しています。

精神薬など薬を使用せず、カウンセリングによって悩みの解決をサポートします。

悩んでいる方が心和らげ、前進できるようにサポートいたします。

\ 夫婦関係を本気で改善したい方へ /

お悩み相談室 ベストコーチ
カウンセリングルーム・お悩み相談室
ベストコーチは岐阜・名古屋のカウンセリングルーム・お悩み相談室です。
あなたの心に寄り添って、あなたのペースに合わせてお話を聞かせていただきます。
誰かに話すことで、悩みや不安は格段に少なくなります。
男性カウンセラー・女性カウンセラーのどちらも常駐しております。
メンタルの不調や、恋愛・夫婦関係、職場の人間関係、子ども・子育てなど、全てのお悩みに対応可能!
1人で抱え込みすぎず、なんでもご相談ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次